Blue Noteならまち初見参

京都から移転したジャズバーの老舗「ブルーノート」でのライヴに行ってきた。落ち着いた雰囲気のある

「ならまち」の一角。待ちに待った森山威男カルテットプラスゲストヴォーカル。山下洋輔トリオの初代ドラマー

「怪物ドラマー」の名に恥じない壮絶な演奏。数々の武勇伝に彩られた伝説のドラマー。

山下洋輔に「森山がいなければ山下洋輔トリオは存在しなかった」と言わしめた。ほかのメンバーに一歩も引けを取らない健在ぶり。休憩を挟んでの3時間、手を抜くことなく走り切った。「ジャズはライヴに限る」ことを再確認

した夜だった。ああならまちの夜は更けて。最高。

▲このページのトップへ